20150622_500
南が何度か「セーブ」を連発しても、
その力の差をまざまざと見せ付けられた試合でした。
20150622_501
バックスタンド側に見えた虹。
20150622_502
●試合終了後コメント
(監督 ミロシュ ルス)

負けた試合というのは常に満足することはないですから、落胆しています。

ただ首位のチーム相手で、ひょっとしたら今一番いいチーム、今シーズン対戦した中で一番嫌な相手だったんじゃないかと認めなければいと思います。

前半はどちらにもチャンスがあったと思います。うちにも決定的なチャンスがありましたし、大宮にもあったんじゃないかと思います。
そういった中で向こうは個人の質が高いというのが、試合の展開を見て皆さんも分かったんじゃないかなと思います。
その個人能力の部分で、向こうは1ゴール決めたと。

その1点があった事で、うちは前がかりに得点を取りに行かなければならない、その状態でリスクを負ってスペースを空けなければいけない状態を作ってしまった。もしくは作らざる負えなかった。

その中で、向こうがスペースを上手く利用して試合展開が向こうに流れていったのではないかと。
特に後半の早い時間に失点してしまいましたので、上手く使われてしまったのかなと思います。

大宮戦を迎えるにあたって、2つの選択肢がありました。
一つは、大宮とこれまで対戦してきたチームがやってきように、ペナルティエリアの手前までラインを下げて、しっかりブロックをしく戦い方と、もう一つは、今日うちが見せた戦い方ですね。できるだけ相手をゴールから遠ざけてプレーしたかった。そういった中でうちはチャンスを作り出せた。

ただ、その中で一つ目の選択肢を選ぶことは私の頭の中にはなかった。チームを発展させるためには、一つ目のような守備だけを考えたサッカーはチームの発展には向いていないと思っていますので、チームの発展を考えて二つ目のうちのやって来たサッカーを貫き通す。
その中で相手に合わせる部分を作らなければならない。二つの選択肢から一つを選んだ結果がこういう結果になってしまいましたが、責任は感じていますけれどもチームの発展を考えれると、この決断の方が良かったと今でも思いってます。

20150622_503
勝負の世界、
結果が全て、
残酷だけど仕方が無い。
20150622_504
今は大宮よりも全然弱い事、
そして足りない部分の多い事、
それを突きつけられた試合でした。

我々も現実をしっかりと受け止めないといけない。
20150622_505
試合後は、
約一年ぶりの「一軒め酒場」
冷やしトマトがかなり小さいカットに・・・。
サラダにポテサラでは無くてキャベツ千切りがメインに・・・。
20150622_506
一人1500円弱、
かなりメニューの内容が変化しているのは、
今の経済状況の変化なのだろうか・・・
DSC_0015
カナダから無事帰還されたお二人さん
「おみあげ」、
どうも有難う御座いました